こさえる家-素材と職人を、つくる家。

職人

素材の特性を引き出す職人は、生涯をかけて技を磨きます。
時代は変わっても、その技術のなかに日本人固有のものづくり精神があります。

大工の仕事

佐藤建築店では、お客様との顔合わせのとき
家づくりに関わるスタッフを全員ご紹介しています。

お客様にとって、いちばん頼りになる存在であるために
顔の分かる人間が、それぞれの得意技でひとつのチームになる。
そんな家づくりを一緒にしてくれる方を求めています。

職人募集
職人紹介

大工の仕事

家が強く組み合わさるよう、それぞれの木材の特徴に合った「木取り」を行い、その後、決められた寸法や位置を印付けする「墨付け」を行います。工場で行うプレカット工法でできない部分を、大工は経験値と技術を駆使して柔軟に対応することができます。家の象徴的な梁に水平線をつける「水墨(みずずみ)」は、そこからすべての線を印付ける基準となります。佐藤建築店のロゴマークも、この水墨からアイデアを得ました。

大工の仕事

木材同士を組み合わせる「継ぎ手」は、大工によって様々な形が作られます。それぞれの場所や用途に合った組み手を採用し、ひとつひとつ鑿(のみ)と玄翁(げんのう:金槌のこと)を使って、小気味よく木材が削られていく様子は、見ていて気持ちの良いものです。熟練の大工ほど、動作に迷いがなく、手順に無駄がありません。このような手刻みの技術は、建材に留まらず、階段や作り付けの家具づくりでも発揮されます。

板金工の仕事

板金工は、風雨や雪から家を守るため、屋根や雨樋の施工で活躍する職人です。水を読むプロとも言われ、その土地の特徴や気候と、屋根の形状を照らし合わせて、しっかりと水を防ぎながら水の逃げ道を作ります。あらゆる可能性を想定しなければならないため、想像力を駆使します。多彩な道具を用いて、金属を繊細に加工することから、器用さを問われますし、高所での作業が多いことから、強い精神力や忍耐力も必要です。

建具工の仕事

大工や指物職人と同じように思われがちですが、似て非なる職人が建具工です。より繊細な技術が問われるため、印をつけるのも、墨ではなく「白引き」と呼ばれる道具を使います。数センチの幅や数ミリの厚みの木材を使って、ひとつひとつをパーツとして完成させた上に、間違いなくそれらを組み立てていく根気のいる作業です。手作業ならではのなめらかな触り心地と、目に優しいフォルムは、家の気品をさらに際立たせます。

左官の仕事

奈良時代に官位を与えられたことに名称が由来する、左官。クロスのような継ぎ目がなく、どこまでも滑らかで一体感のある仕上げが、左官の最大の特徴です。連続性のある模様や、素材の良さを活かした自然な表情を、曲面にまで施すことができ、その技術は、他の工法で代えることができません。様々な素材を組み合わせたり、その量を調整することで、微妙な色合いも作り出すことができます。